大村朋子

大村朋子
5弦ヴァイオリン

2014年8月27日水曜日

Zach Brock 『インプロが最優先』

ニューヨークのジャズバイオリン仲間で友人でもあるZach Brockのインタビュー記事で、『まずは即興演奏者としてが一番、ストリングプレイヤーとしては2番』と彼の優先順位を掲げています。また『ただのジャズバイオリンプレイヤーではなく、ジャズミュージシャンとして存在したい。』とも言っています。

そんな彼の言葉に、私もまったく同感です!


彼は、Stanley Clarke、Wycliffe Gordon、Snarky Puppy等と共演もしていますが、自身のMagic Numberのトリオや最近ではカルテットの活動もたくさんしています。また、伝説のポーランド出身ジャズヴァイオリニストZbigniew Seifertのドキュメンタリーを作ったりもしています。そして、彼の最新アルバム『Purple Sounds』はCriss Crossからリリースされています。素晴らしいのでぜひ聴いて下さい。

Zach Brock "Improv Comes First"記事

Zach Brock

0 件のコメント:

コメントを投稿